Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< May 2014 >>
Sponsored links
ダイエット無料メール講座
ブログランキング
よろしければクリックお願い致します 人気ブログランキングへ
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーサイト

この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-

世界仰天ニュース 成長しない赤ちゃん 不老不死?のパワーをもつ子供

 

8月11日(水)放送 世界仰天ニュースで世界でたった一人の女の子 成長しない赤ちゃん が紹介されました。

アメリカ ボルチモアのある少女 ブルック・グリーンバーグちゃん
実は彼女世界で1人のある不思議な症状をもっています。
それは、将来医学界に大きな革命をもたらす可能性があるそうです。

1992年アメリカ ボルチモアに暮らすハワードとメラニー
夫婦は子どもたちに嬉しいニュースを伝えようと、していました。
エミリー(5歳) ケイトリン(2歳)
それは、赤ちゃんが生まれるということ。待望の3人目を妊娠

翌年の1月8日に第3子 ブルックちゃんは生まれました。予定より1ヶ月早い誕生でした。
体重は1900g 小さく生まれたブルックちゃん 実は足が曲がっていました。
ブルックちゃんの足は医師も見たことがないという珍しい症例だった。
骨盤には、寛骨臼(カンコツキュウ)と言われるくぼみがあります(足は骨盤のくぼみの中で正常に動く)。
しかしブルックちゃんの場合その寛骨臼が未発達だったため、足の骨が固定されていない状態。
これは、成長すれば、問題ないとし、まずはギプスをはめて様子をみることに。

そして、もうひとつ重大なことが・・・それは、ブルックちゃんの染色体に異常がある可能性が・・・
ブルックちゃんにはその症状があらわれていたのです。手や指・耳の位置に異常があり医師は染色体異常を疑ったのですが、生まれたばかりのブルックちゃんに血液採取することは、負担が大きいため検査は見送られました。さらに、ミルクを飲もうとしない。これも脳の染色体異常が疑われ鼻から胃へミルクを直接送られることに。

栄養は摂れていたのに、ブルックちゃんの体重はほとんど増えませんでした。それでも、他に大きな症状は見られなかったので、しばらく自宅で様子をみることになりました。母は育児に専念するために、仕事を辞めました。
ブルックちゃんの育児でもっとも大変だったのが、鼻からのチューブによる授乳でした。

ブルックちゃんの成長は思わしくなく、股関節の成長も医師がいっていたように上手くはいかず歩けるようになる可能性は低いと診断された。一方でうれしいことも 5ヶ月になるころにようやく首が据わったのです。とはいえ、毎日不安の連続・・・離乳食はほとんど食べず、もう半年になるというのに笑ったこともない。生まれた時とほとんど変わらない体重。身長もまったく伸びていない。

一体理由はなんなのか・・・

やはり染色体異常のことが気になり、医師に相談してみることに。しかし、まだ小さいということで検査は見送られ、今度はチューブで直接栄養価の高いミルクを与える方法に。鼻から通すよりも効率のいい胃に直接チューブを付けての授乳に切り替えられました。

そして、ブルックちゃん1歳の誕生日。1年で増えた体重はわずか100g
2000gしかなく まだ未熟児の体重。
そして、1歳を過ぎてようやく染色体を含む身体の検査が行われました。
ブルックちゃんの検査結果 それは医師の想像したものとは全く違っていた。
結果は染色体には全く異常は見られないというものでした。さらに、染色体だけでなく、身体のどこにも異常は見られないという。両親は納得できず様々な病院で検査を行ったが、結果は同じ。
ブルックちゃんが大きくならない原因はわからないままだった。

そこで、医師に相談すると成長ホルモンの投与がすすめられた。そして処方された成長ホルモンを毎晩3ヶ月間続けることに。すると、ある日初めてブルックちゃんが笑ったのです。成長ホルモンの効果か・・・

しかし、病院へ行くと、成長ホルモンをうち続けて大きくならないはずがない とブルックちゃんは全く成長していなかったのです。それは、医学の常識を覆す成長異常だったのです。

なすすべがないままブルックちゃんは2歳になったが、いまだ赤ちゃんのまま。そんな彼女にまたも異常が・・・
胃に入ったものを戻すようになったのです。検査入院をすることに。しかし、容体が急変し脳卒中を引き起こしてしまったのです。ブルックちゃんの血管は極端に細かった。そのため、血管が詰まり脳卒中を引き起こしたのです。

幼児の脳卒中はほとんど症例がなく危険な状態。意識が戻ってもマヒが残る可能性が大きいという。
幼児の脳卒中は脂肪率が高く、意識が戻る可能性も低い。絶望的な状況だった。
しかし、衝撃的なことが起きました。意識を失って数日後・・・突然ブルックちゃんが目を覚ましたのです。それは奇跡の回復だった。さらに驚くべきことが、脳卒中の影響も全く残っていなかったのです。
ブルックちゃんは完全に回復。そして、食べ物を戻す原因となっていた胃の手術が行われました。
手術は成功し、すぐに退院となりました。

そして、うれしいことが。ブルックちゃんに妹ができたのです。2500gの女の子 名前はカービーと名付けられました。

生まれて数ヶ月のカーリーちゃんと3歳になるブルックちゃんの大きさはほとんど変わりがありません。
カーリーちゃんが1歳になるころにはブルックちゃんをおいこしました。

そしてまたも、ブルックちゃんの体調が急変。
急いで病院へいくと、今度はブルックちゃんの胃に穿孔性潰瘍(せんこうせいかいよう)ができていたのです。穿孔性潰瘍とは胃酸で胃に穴があいてしまうこと。細菌を含んだ食べ物が外を覆っている腹膜に感染すれば最悪死に至るケースもあるという。しかもブルックちゃんの場合潰瘍が7つも見つかったのです。

すぐに緊急手術が行われました。それは胃に穴があいた個所を縫合するというもの。手術は一応は終了したが危険を脱したわけではありません。しかし、ブルックは驚くべき力を見せたのです。
それは、順調に回復に向かっているという驚くべき生命力。しかも、もうすぐ退院できるという。

奇跡的な回復で2度も危機を脱しましたが、さらなる危機がブルックちゃんを襲ったのです。
今度はいくら起こしても目を覚まさなかったのです。
すぐに病院で検査が行われました。そして、またも過酷な事実が・・・
ブルックちゃんの脳に腫瘍が見つかったのです。しかもゴルフボール大の腫瘍が・・・
それが、神経を圧迫していることで目が覚めないということだった。
手術するには腫瘍が大きすぎ、しかも腫瘍が危険な場所にあるということで、手術は不可能だった。

事実上の死の宣告

14日目の朝、なんとブルックちゃんは目を覚ましたのです。またも奇跡を起こしたのです。
医師は信じられない説明をしました。なんと腫瘍が消えたというのです。

その後大きいな病気などはないが、相変わらず成長は止まったまま。

ある日 1本の電話が。それはウォーカー博士という老化の研究をしている方からだった。
大きくならないブルックちゃんに興味を持ったという。
もしかしたら、ブルックちゃんの成長しない理由を突き止めてくれるかもしれない。藁にもすがる思いでウォーカー博士に会うことに。

博士が言うには、成長しない つまり 老化が進まないという症状には老化を防ぐ何らかのヒントが隠されているとのことだった。ブルックちゃんを傷つけるようなことは絶対にしないということ、この研究がブルックちゃんの成長につながればということで、研究が始まりました。

それから5年 17年間ほとんど成長しないブルックちゃん『老化をせず、死の淵から3度もよみがえった奇跡の少女』を研究するウォーカー博士によると、ブルックちゃんの体はそれぞれの場所が違う速度で成長しているのだという。

医師は再び染色体の検査を行いましたが、やはりどこにも異常はありませんでした。しかし、成長しないという症状は何らかの遺伝子が要因だと予測されるため、いまだ人類が発見していない未知の遺伝子異常によるものだと考えられています。

ウォーカー博士の仮設によると、ブルックちゃんの染色体を隅から隅まで調べた場合
将来病気の進行を食い止めたり、老化をコントロールできる可能性があるのだという。

ブルックちゃんの遺伝子に関する詳しい検査は近々行われるそうです。


老化防止 アンチエイジング

ホンマでっかTVで紹介された蛇の毒を使ったクリーム
蛇の毒から生まれた成分はシンエイク(成分表名:ジ酢酸ジペプチドジアミノプチロイルペンジルアミド)といい、シワを伸ばす効果が期待できるのです。

シンエイクはスイスにあるペンタファーム社で2006年に開発され、スイステクノロジー賞にノミネートされました。

研究の実験の結果では、45人が1日2回の頻度で使用してみた結果、10分で効果があらわれて、1ヶ月で顔のシワが52%も減るという結果がでました。
目じりのシワでも同じ結果がでたそうです。

また、ヘビの毒に麻痺効果があり、筋肉が弛緩すると同時にしわも伸びるためで、試験管内でのテストでも濃度05%のシンエイクを使うことにより、2時間以内に筋肉の82%が弛緩することが証明されました。(効果には個人差があります)

シンエイクは海外では普通に百科店などで売られており、ボトックスに似た効果があるとして、セレブの間では人気の化粧品なんだそうです。

日本では通販などで買えます。また、クリームだけでなく美溶液も販売されています。

蛇の毒 クリーム シンエイク配合化粧品はこちらで販売されています。
シワとりに効果が期待できる 今一番注目されている化粧品です。

蛇の毒 クリーム シンエイク配合化粧品


アキョウ
魔女たちの22時で紹介されたアキョウ
アキョウとは、ロバの皮を煮詰めて抽出された良質のコラーゲンのこと。
魔女はこのアキョウを毎日飲み続け、50歳なのに26歳の彼女と間違われるほど若返ったのです。
魔女が出てきた瞬間スタジオ内は驚きの嵐でした。アキョウは古くから中国で食されており、美容食として、世界三大美女の楊貴妃も食していたそうです。

アキョウはこちらで販売されています。

蛇の毒クリーム シンエイク アキョウ 紫根の通販

posted by: 元気くん | 世界仰天ニュース | 00:44 | comments(4) | trackbacks(0) |-

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 00:44 | - | - |-
書いてる事より
誤字がとても気になった
大きなお世話だけど。
| 通りすがりの者 | 2010/08/12 1:17 PM |
すげえ!!
こんなことがあっていいの!?でもあってほしい!ブルックちゃんにもがんばって生きてほしいし、こういう非科学的な話大好きです。原因が解かれば大事件っすよ!!
| ゴリお | 2010/08/16 4:31 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/12/22 10:24 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/01/28 5:43 PM |









この記事のトラックバックURL
http://diet-choice.jugem.jp/trackback/151
トラックバック